対策方法について

鳩の対策は早めが肝心

鳩は帰巣本能が非常に高く、一度気に入った場所や糞のある場所には何度も執念深くやってくる生き物です。 鳩が居着いてしまうと悪臭や朝早くからの鳴き声による騒音、糞害などに見舞われてしまいます。 特に糞は美観を損ねるだけではありません。 金属を腐食させたり、ダニやゴキブリなどの発生源にもなり、アレルギー物質や寄生虫、クリプトコックス症やトキソプラズマ症、ニューカッスル症など、人間に感染し最悪の場合命に関わる病原菌を媒介します。 鳩もカラスや猫などの天敵のいる野生動物ですので、できる限り安全な場所に巣を作ろうとします。 人間の居住区周りですとマンションのベランダや軒下、室外機の物陰などに好んで巣を作ります。 また、卵や雛のいる巣は法律上許可なく処分することができません。 鳩の駆除は、本格的に居着かれる前に早め早めの対策をとることが肝心なのです。

全く新しい駆除の形とは

鳩の駆除というと、忌諱剤を撒いたり粘着物質の設置、鳩の邪魔をするネットやワイヤーを張ったり、駅やオフィスビルなどでは針状のプロテクターを設置している様子をよく目にします。 キラキラした円盤や大きな目玉の形を模した風船をぶら下げて視覚的に脅したり、爆竹などの大きな音で脅すという方法もあります。 しかし、忌諱剤や粘着物質は一時的な効果しか望めず、メンテナンスが必要になるので長期間の使用は難しいところがあります。 他の方法もいずれ慣れてしまい根本的な駆除には繋がらないことが多いようです。 そこで、最近登場した新しい駆除方法があります。 それは、鳩の天敵である肉食の鳥、猛禽類の使用です。 偽物の猛禽類はすぐに見破られてしまいますが、鷹匠の放つ本物の鷹やミミズクに追いかけ回されるのは効果抜群。 「近寄っては行けない場所」という認識を植え付けることで、長期間に渡り効果を期待することができます。 しかし残念ながら現在鳩の駆除を請け負っている鷹匠は少なく、効果が出るためには時間が必要で、個人で依頼するには他の方法と比較して多少高額になります。 この方法がメジャーになり、もっと気軽に依頼できるようになるといいですね。